2015.10.20

消化不良におすすめの対処法は?乳幼児の胃腸を助ける方法

子どもと食育 ,

人工栄養の赤ちゃんに、消化器が弱く下痢したり、緑便をしたり、熱を出したりしては体重が増えない子が、最近よくは見られます。

小児の消化不良は、こじらせると、一生胃腸の弱い子になってしまいますから、早いうちからの手当て(自然治療)が大切です。

母乳栄養なら少しくらい消化不良のきざしがあっても母乳を飲ませ、時々お腹を生姜湯で温めてあげます。

人工栄養の赤ちゃんは、玄米を炒って煎じた汁をあげて、1日数回お腹を温めます。
自然塩を焼いて布袋につめてタオルに包んで丁度良い温かさでお腹を温めてあげます。

肝、腎、脾の手当ても大変良いです。
(わからない場合は聞いて下さい)

また、梅肉エキスをぬるま湯でうすめて、黒砂糖かはちみつをまぜて飲ませても良いです。
日頃から、梅肉エキス、玄米スープは時々やり、慣れさせておくと、尚良いですね。

無料資料請求フォーム

ヒューマニティー幼保学園(認可外)は、2019年年度より鳴神・富田・ベビールームが統合となりました。新園舎に関するお問い合わせはお問い合わせフォームもしくは080-8209-8264(見学専用番号)までお問い合わせください。

ヒューマニティー保育園(認可)に関する入園のお申し込みや保育料の詳細につきましては、024-924-3541(郡山市こども部こども育成課)までお問い合わせください。

お名前 必須

お子さんの年齢 必須

ご希望の施設 必須

ヒューマニティー保育園(認可)ヒューマニティー幼保学園(認可外)その他

送り先住所 必須

メールアドレス 必須

備考欄