ヨコミネ郡山はヒューマニティーとヨコミネの教育を取り入れた保育園

ヨコミネ郡山 

160524_23

一人ひとりの可能性を引き出す。

ヨコミネ郡山では、『躾の3言基本』と『立腰教育(腰骨を立てる=姿勢を正す)』を活動の基本としながら、読み・書き・計算・そろばん・音楽・体操・スイミング・レスリング・右脳教育をカリキュラムに取り入れています。6歳で本を1500冊読破、100マス計算、ピアニカで60曲以上のレパートリー、逆立ちや歩きブリッジ、跳び箱10段をとんでしまいます。
「やりたくないことを無理やりやらせる」のではなく、子ども本来が持っている「学びたい」という気持ちを引き出し、サポートします。「ウチの子にはまだ早いんじゃないか」「ウチの子には無理なんじゃないか」と皆さん考えがちですが、意外なことに子どもの学習意欲はとても高く、やらせてみると、スポンジが水を吸うようにどんなことでもどんどん吸収してきます。ヨコミネ式カリキュラム>>

DSC_9452


躾の3言基本+立腰とは?

150120_1
150120_2
150120_3
150120_4

4つのやる気スイッチ

子どものやる気スイッチを押させて、自主的にストレスを感じることなく学習させ、学ぶ楽しさも同時に教えていきます。

150120_5
150120_6
150120_7
150120_8

160524_18

才能を開花させる法則

ヨコミネ式には子どもの才能を開花させる法則があります。一見当たり前だと思われがちですが、これを意識して幼児教育を行っているところは残念ですがそれほどは多くありません。できるようになると楽しい>楽しいから練習する>練習すると上手になる>上手になるともっと楽しい>さらに上のステップへチャレンジできるのです。
ヨコミネ郡山が大事にしている4つのこと >

160524_19

そして『心の力』を育むこと

ヨコミネ式は比較的新しい幼児教育です。他ではおこなっていないカリキュラムもたくさんあります。そかし幼児教育に不可欠な『優れた人格の形成』をおざなりにしているわけではありません。楽しく学習しながらも、厳しく毅然とした態度で子どもたちと接し、健全な心を養うということにも重点を置いています。

見学に行ってみよう

160520_3
160520_4

160520_6

160524_25
160524_24
160524_23
160524_22
160524_21
160524_20
160524_19
160524_18
160524_17
160524_16
160524_15

保護者からの声をあつめてみました! >


こんな記事も読まれています。