2016.06.01 子どもと食育

便秘でお腹がはったときの解決策は?辛子生姜の湿布をお腹にあてましょう。

便秘などで、よく小さいお子さんもお腹が張っている子やパンパンに張っている子を見かけます。

お腹がはって苦しくひどくなると、肩こりに。頭が重くなりますから、苦しくともあわてず辛子生姜の湿布をお腹にするとよいです。

辛子生姜の湿布は、ひね生姜を皮ごとおろし同量の日本からしと共に盃二杯分位を布袋に入れ、五合の水で煮てその汁でタオルをしぼり、腹にあてて温めて五分ごとにとりかえ30分位する。そのあとに芋パスタを貼り、ケツメイシ決明子とゲンノショウコの濃い煎汁を飲ませると1〜2時間でガスがたくさん出て楽になります。

腸閉塞・腸捻転でもこの手当法で効果があります。

瓜生麻美

OHANA子育て支援事業

OHAMAはベビーマッサージと右脳教育を組み合わせた子育て支援事業です。ヒューマニティー幼保学園に通ってなくても、0歳~就園前を中心に、どなたでもご参加できます。

幼児スクールはこちら

TOPキッズアカデミーはヒューマニティー幼保学園独自のカリキュラム『DREMS』を取り入れた、0歳~15歳向けのトータルスクールです。

©2021 humanity.