保育に取り組む姿勢の中で、たくさんの意見交換と勉強会をしました。

子育てコラム 

子供たちだけではなく、先生たちも思うこととして、新年度も早1ヵ月が過ぎ、今回先日の研修会で保育に取り組む姿勢の中でたくさんの意見交換勉強会をいたしました。この時期の忙しい時だからこそ、一旦立ち止まって振り返り子供たち優先の保育を目指し、職員間のコミニケーションをよりいっそう図り共有共感していくこと。
忙しいと言う漢字は、心を亡くすとも言われます。私たち保育従事者として日頃忙しいや大変と思うことがあっても子供たちを見守ることで、大切な心を亡くしてしまっては、失格です。
子供たちと向き合う心を大切にどんな小さな事でも小さな積み重ねで、整えることができる(生きている仕事)する笑顔を持って一人ひとりに向き合い少しづつ新しい環境やクラスになれ泣いていた子供たちにも笑顔が見られ頑張って登園している子供たち、そんな姿の子供たちにこれからも笑顔で向かい入れヒューマニティーは人間愛を通して、躾や学習、遊びの中で、子供たちの成長を支え指導をして子供たちと共に先生方も学び努めていくと言う職員一貫意識も高まり充実した研修会となりました。感謝。
いよいよ、本格的な活動に参りたいと思います。今後も保護者の皆様のご理解ご協力をいただきながら職員一丸となって努めて参りますのでどうぞよろしくお願いいたします。


こんな記事も読まれています。