子育てのコツとして明るくていい気分でいる以上に大切なことはないんです。

子育てコラム 

皆さんこんばんは!
今日も、素敵に過ごせましたか?
一日、明るく楽しく過ごせましたか?

明るくていい気分でいる以上に、大切なことはないんですよ。

まずは、
「何があろうとも、わたしは、明るくていい気分になりたい」
と、はっきり決めること。

明るくていい気分になれば、「本当の自分」と調和しています。
明るくていい気分になれば、宇宙の情報を、受け取りやすくなりますし、
ひらめき、という形でおりてくる情報を、すんなり、キャッチできます。

では、どのような気持ちでいれば、常に明るい表情でいられるようになるのでしょうか?

明るい表情になるためには、やはり明るい気持ちを持つことが、何よりも重要です。

明るい気持ちを持てるように、自分を引っ張っていくためには、周囲にも、プラス思考な友人がいることは大切ですね。

人はどうしても、周囲の空気に引っ張られる傾向があるので、マイナス思考の人と一緒にいれば、どんどんマイナス思考になってしまったりもします。

だから、プラス思考で素敵な考え方を持っている人を見つけたら、できるだけその人のそばにいて、その影響を受けてみましょう。

自分も元気をもらって、なんだか活き活きしてくるのが実感できます。

表情を明るくするための気持ちの持ち方で何より重要なのは、「自分には無理」なんて諦めることではなく、「私なら大丈夫」とプラス思考に考えることです。
もし、うまくいかなかったとしても、「失敗を重ねることで、人は成長するもんだよね!」と、その失敗さえも、プラスに受けとめてしまうのです。

周囲にプラス思考な人を集めておけば、そんな気持ちを持つことも、それほど難しいことではなくなってきます。
どんどんプラスの空気を引き寄せて、前向きで素敵な気持ちを持てる、表情の明るい人間を目指しましょう!

また明日も、素敵な一日になりますように。


こんな記事も読まれています。